2007年03月07日

信用取引とは

購入代金も売却する株式もすべて本人が保有しているのが現物取引。

これに対し、顧客が証券会社に委託保証金もしくは、証券を担保として預け、
証券会社から株券あるいはお金を借りて、株式の売り買いをする取り引きを信用取引という。

証券会社が顧客に信用を供与して行う取引。


○空売り

信用取引を行うことによって、実際には持っていない株式を売ることができる。

売りから入り、株価が下がったら買い戻すことによって、その差分を利益として得ることができる。

これをカラ売り信用売りという。


○担保

信用取引を行う為には、証券会社に担保を入れる必要がある。

この担保の事を委託保証金という。

posted by 株式投資日記 at 14:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35421280

この記事へのトラックバック

株式テクニカル分析注目銘柄
テクニカル分析における注目銘柄を「株式テクニカル分析注目銘柄」をメールマガジンにて配信!
トレーダーズ・プレミアム
質・量ともに業界最高水準の株式情報サービス。無料体験を実施中。
松井証券
「伝統と革新の融合」に成功したネット専業証券会社です。10万円まで手数料0円!
イー・トレード
業界屈指の格安手数料と充実のサービスラインナップで、オンライン専業証券No.1の口座数を誇ります!
マネックス証券
株、ミニ株、投資信託、債券など業界随一の商品ラインナップ!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。